太陽光発電買い取り価格、3年連続減額

 経済産業省の有識者委員会は24日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく2015年度の太陽光発電の価格について、主に企業が参入する 出力10キロワット以上は14年度と比べ3円下げ、1キロワット時当たり29円にする案を了承しました。価格は6月まで適用し、7月からは太陽光事業者の利益を厚くする優遇措置をなくすため、27円に下がります。

 再生エネの柱となっている太陽光発電は3年連続の引き下げとなり、初の20円台になります。家庭が中心の10キロワット未満は14年度と比べ4円下げ、1キロワット時当たり33円にします。3月中に正式決定します。

 経産省は昨年12月、太陽光の発電抑制をしやすくする見直し策を決め、全量買い取り原則は崩れました。太陽光事業者の採算が悪化するのは確実で、再生エネの普及は鈍りそうです。

 太陽光の発電コストの低下を買い取り価格に反映させ、電気料金への上乗せ負担を抑えるよう配慮しました。九州電力や東北電力など大手電力7社の管内で4月1日以降に接続を申し込む家庭は35円とします。発電抑制のための機器設置を義務付けるため、費用分を上乗せします。

 再生エネをめぐっては、天候や時間によって発電量の変動が大きい太陽光への事業参入が殺到し、昨年、大手電力の間に再生エネの受け入れ中断の動きが広がりました。

 経産省は太陽光への偏重を是正するため、風力や地熱、バイオマスは14年度の価格を据え置き、普及を促します。

 バイオマスに関しては間伐材などを利用した出力2000キロワット未満の区分を新たに設定。1キロワット時当たり40円と高めにして参入を促し、森林資源の有効活用を狙います。

中日新聞

 

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1956

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。