富士ゼロックス セブンイレブンのコピー機をオフセット

 富士ゼロックス株式会社および株式会社セブンイレブン・ジャパンは、地球温暖化防止に貢献するため、全国のセブンイレブンの店舗に設置している富士ゼロックス製コピー機のお客様利用時における、消費電力量および用紙使用量をCO2排出量に換算し、カーボン・オフセットを行う取り組みを12月8日から1年間実施します。

 コンビニエンスストアに設置しているコピー機のカーボン・オフセットは、コンビニ業界初の取り組みです。

 全国のセ ブンイレブン店舗、約17,000店舗に導入しているコピー機を利用した際の消費電力量と用紙使用量をCO2排出量に換算しオフセットします。過去の利用実績にもとづく試算では、コピー機の平均的な1回の利用時にかかる排出量は、杉の木4本分の1日のCO2吸収量に相当し、約1年間の取り組みで約 2.2万トン(杉の木152万本の1年間のCO2吸収量に相当)のCO2排出量のオフセットが見込まれます。

 この取り組みは、環境省のカーボン・オフセット制度にもとづき、カーボン・オフセット第三者認証基準の認証(認証番号CO2-0138)を取得しており、オフセットに使用されたクレジットは、発展途上国の地球温暖化抑制プロジェクトの支援に使われます。

富士ゼロックスプレスリリース

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1909

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。