凸版 再生PETで包装フィルムCO2を17%減

 凸版印刷は、再生PET(ポリエチレンテレフタレート)を使い、アルミと同じ程度に酸素や水を遮断できる透明フィルムを開発しました。

 高温にして不純物を取り除いた再生PETを使い、従来のフィルムが持つ酸素バリア性・水蒸気バリア性と同等の品質を実現しました。

 リサイクルPETフィルムを用いることで、石油由来資源の使用を削減でき、循環型社会の実現に貢献し、CO2排出量は非再生PETフィルムに比べ製造段階までで約17%削減します。

 同社は2014年6月からサンプル出荷を開始し、今秋に 量産を始める計画だそうです。

凸版印刷株式会社

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1776

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。