2014年4月アーカイブ

 電力10社と都市ガス大手4社は28日、6月分の料金を発表しました。平均的な使用量の家庭では、電気料金が北海道、四国、沖縄電力を除く7社で、ガス料金は全4社で値上げします。

 エクソンモービルは28日、パプアニューギニアで液化天然ガス(LNG)生産事業を開始したと発表しました。

映画「WOOD JOB!」5/10公開

 林業をテーマにした青春エンターテイメント映画「WOOD JOB!」が、全国のTOHOシネマやイオンシネマなどで5/10から公開されます。

監督・脚本は「ウォーターボーイズ」の矢口史靖、キャストは染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明。

 日本GEは22日、社内に「木質バイオマス発電推進プロジェクトチーム」を設置したと発表しました。GEパワー&ウォーターの分散電源部門で取り組んでいるガスエンジンを用いた木質バイオマスのガス化発電を、より積極的に推進していくといいます。

 フランスのフランソワ・オランド大統領は2日、新内閣人事を発表し、オランド氏の元パートナーであるセゴレーヌ・ロワイヤル氏をエコロジー・持続的開発・エネルギー相に起用と発表しました。

 SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、環境省の「カーボン・オフセット制度」において物流業界で初めてカーボン・ニュートラル認証を取得しました。

 産業の発展と地球環境との共生を目指し、温暖化の防止や環境保全活動に熱心に取り組む企業や団体を表彰する第23回「地球環境大賞」の授賞式が、秋篠宮ご夫妻をお迎えして10日午後、東京の明治記念館で開かれました。

 ネイチャー誌に、既存の農地の管理形態の変化によって生じる温暖化は、自然植生を農地に転換したことで生じる温暖化に類似しているという論文が発表されます。先日IPCCで示された気候変動と穀物のバランスについての報告と同様、需要が増大する農業での課題となりそうです。l

 ドイツ連邦環境省は、低所得者を対象にした、古い電力消費量の多い冷蔵庫を、省エネ型冷蔵庫に交換するプログラムを開始しました。

20140415-OYT8I50316-L.jpg 地下深くの岩盤に含まれるシェールガスを採掘する際、CO2を岩盤に注入する基礎技術を京都大の研究チームが開発しました。

 CO2を地下貯留できる可能性もあり、新たなエネルギー資源の確保と合わせて「一石二鳥」の効果が期待され、数年後の実用化を目指しているそうです。【図表は読売新聞】

 2012速報京都議定書達成状況.jpg環境省は15日、2012年度の温室効果ガスの国内排出量は13億4300万トンとの確定値を発表しました。これは京都議定書の規定による1990年比6.5%増、11年度比2.8%増になります。【図表は環境省資料より抜粋、※確定値でなく暫定値】

 農林水産省・林野庁、東京都、国土緑化推進機構、日本緑化センター、日本森林林業振興会、東京緑化推進委員会は、平成26年5月10(土)、11日(日)の両日、東京の日比谷公園で、第24回森と花の祭典「みどりの感謝祭」を開催します。

 JFEエンジニアリングは、新電力会社(PPS)、アーバンエナジー株式会社を設立し、電力小売り事業に参入しました。プラントの建設・運営から発電した電力の小売りまでワンストップのサービスを提供します。

 環境省では「平成26年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM(二国間クレジット)大規模案件形成可能性調査」について、34件の応募があり、厳正な審査の結果12件を選定しました。

20140327_ibuki_07.jpg 宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、メタン濃度の「いぶき」による観測データと、地上観測点における観測データとを用いて、平成21年6月から平成23年5月までの2年間について、全球の月別・地域別の正味のメタン収支を推定しました。【図表はJAXA、クリックで拡大します】

 IPCCでは地球温暖化防止策をまとめる新たな報告書の最終原案で、日本やEU諸国などの先進国に温暖化ガスの排出削減を義務付けた京都議定書は「成功とはならなかった」と再評価したそうです。

 EUは、IPCC5次報告書でも話題に上がった気候変動「適応」について、取り組みを推進する自治体首長による市長誓約の設立を発表しました。

 三菱地所は、新丸の内ビルディング(新丸ビル)で、株式会社エナリスと新たな電力契約を結びました。契約電力の約半分を木質バイオマスバイオガス太陽光発電の3種類の再生可能エネルギーにしました。

62.JPGのサムネイル画像 森吉山阿仁スキー場と北秋田市では、4/1より5/6まで、キャビン付きピステン(圧雪車)で、春の森吉山の樹氷平へ登るツアーを開催しています。【写真は森吉山阿仁スキー場】

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と富山大学の阿部孝之教授らは、火力発電所や工場から出るCO2を、メタンに効率よく変える技術を開発しました。石油や天然ガスの代わりになる燃料を確保し、地球温暖化対策にも役立ちそうです。

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。