環境相「従来以上の取り組みを」 温暖化対策

 石原伸晃環境相は5日の閣議後記者会見で、国の地球温暖化対策計画が4月以降、当面作成されず空白期間ができる問題を、「新たな計画ができるまでの間は、従来と同等以上の取り組みを国民にお願いしていく」と述べました。

 現在の計画は3月末で終了しますが、その後について決まっていません。石原環境相は、新計画の法的な裏付けとなる地球温暖化対策推進法改正案を今国会に提出予定と説明しました。

 空白期間は、今後のエネルギー政策が不明確で新たな温室効果ガスの削減目標を決められないためです。また日本は今年から京都議定書で削減義務を負わないことにしたため、議定書参加を前提とした同法では対応できない状態になっています。

(47NEWS) (西日本新聞)


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。  

環境ブログへ

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1483

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。