パンダ棲息の危機 地球温暖化で餌のササ激減

パンダ.jpg 地球温暖化が進むと今世紀中にジャイアントパンダの主食であるササが激減し、生息の危機に陥る恐れがあるとの分析を、米国と中国の合同研究チームが英科学誌「ネイチャー・クライメートチェンジ」に発表しました。 パンダは既に、国際自然保護連合(IUCN)が近い将来に野生で絶滅する恐れが高い種に分類しており、温暖化で一層厳しい状況に追いやられることを示す結果です。 【中国の飼育施設で育つジャイアントパンダ  日本経済新聞】

 研究チームは、主要な生息域の一つである中国陝西省の秦嶺山脈で、パンダが餌にしている3種類のササについて気候変動の影響を調べました。「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の予測モデルと現地の気象条件から温暖化で笹の繁殖がどう変わるかを分析。

その結果、今世紀末の世界の平均気温が産業革命前と比べ約4度上がる場合、ササは完全に消滅するか、半分以下に減るとのデータが出ました。

 気温上昇が3度程度の場合は、ほかの地域がササに適した気候になり、ササが相当程度残る可能性もあります。しかし、そうした地域は今の分布域から離れており、実際に十分な広さのササの林ができてパンダの新たな生息地になるのは難しいとみられるといいます。

 パンダは1日に38キロのササを食べます。それに対してササはおおむね数十年に一度しか花を咲かさず、環境の急変に対する適応が難しいといいます。研究チームは「代わりの食料が見つからなければ、この地域の生息地が消滅する恐れがある」としています。

 今後の国際的な温暖化ガス排出削減の取り組みは、カタールでの第18回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP18)で協議中。世界銀行が11月発表した報告書によると、各国の今の自主的な削減目標のままでは、今世紀末の気温が4度上昇すると予測しており、目標の大幅な引き上げが急務と なっています。

(日本経済新聞) (朝日新聞)

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

環境ブログへ

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1435

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。