グリーン復興のビジョンを策定

 環境省は、平成24年5月7日、三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興のビジョンを公表しました。

 このビジョンは、青森県八戸市から福島県相馬市までの東北地方太平洋沿岸地域における環境省の取組の方向性を取りまとめたもので、三陸復興国立公園の創設を始めとした様々な取組を通じて、森・里・川・海のつながりにより育まれてきた自然環境と地域のくらしを後世に伝え、自然の恵みと脅威を学びつつ、それらを活用しながら復興することを、「国立公園の創設を核としたグリーン復興 -森・里・川・海が育む自然とともに歩む復興-」と位置づけ、基本理念として掲げています。

 具体的には  

 1.陸中海岸国立公園などの自然公園を再編成した三陸復興国立公園の創設 

 2.国立公園の核となる里山・里海フィールドミュージアムの整備や従来からの観光拠点の再生  

 3.地域の宝を活かした自然を深く楽しむ「復興エコツーリズム」の推進

 4.南北につなぎ交流を深める「東北海岸トレイル」の設置

 5.森・里・川・海のつながりの再生

 6.持続可能な社会を担う人づくり(ESD)の推進

 7.地震・津波による自然環境への影響の調査(自然環境モニタリング)等を実施するとしています。

(EICネット)(環境省プレスリリース)


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

環境ブログへ

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1283

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。