北極海の海氷、過去2番目の小ささに 温暖化影響

TKY201109180175.jpg 米国立雪氷データセンター(NSIDC)は、今年の北極海の海氷が観測開始以来、2番目に小さい面積となったと速報値を発表しました。

 NSIDCによると、今年の海氷は9月9日に最小に達したとみられ、面積は433万平方キロです。人工衛星による観測を始めた1979年以来、最小だった2007年の417万平方キロとわずか16万平方キロの差に迫りました。

  衛星観測での誤差や今後の気象条件で多少動く可能性もあることから、過去最小とみる研究グループもあるといいます。79~00年の平均値671万平方キロに比べると、35%小さかったとのこと。

 温暖化の影響で北極海の夏の海氷の面積はこの5年間、いずれも過去平均を大きく下回る傾向が続いているといいます。

朝日新聞) 

昨年の記録的な猛暑を考えれば、過去最小になっていてもおかしくないと思いますね。

環境ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

環境ブログへ

 

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1128

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。