群馬県太田市とソーラーフロンティア、太陽光発電普及事業

群馬県太田市とソーラーフロンティアは、太陽光発電普及推進事業「おおたまるごと太陽光発電所構想」を発表しました。

戸建て・集合住宅向け太陽光発電システム(アパート等)の所有者が、初期導入費用をかけなくても太陽光発電設備の設置ができる仕組みを導入し、太陽光発電の普及を目的としています。
 
ソーラーフロンティアは、本事業を通じて、設置した顧客の発電量などを集中管理できるシステムを構築し、アフターフォローの充実や今後の改善点に向けたデータ活用を行っていくとのこと。

本事業は、太田市が出資する一般財団法人「地域産学官連携ものづくり研究機構」が事業主体となり、戸建て・集合住宅の所有者が、太陽光発電の普及を図ることを目的としているそうです。

戸建所有者には、同研究機構が太陽光発電システムを一括で大量購入し、再販することによって、100万円程度(国の太陽光補助金適用後)の低価格での同システム(3.6kW)の設置を可能としました。また、集合住宅所有者は、同研究機構とレンタル契約を結ぶことにより、同システム(8kW)の導入が可能になります。

戸建て住宅向けの募集枠は3,000戸で、第一回募集は8月15日より開始されており、集合住宅向けの募集枠は1,000棟で10月以降、数回に分けて募集する予定。

発電モニターを設置することにより、顧客は実際の発電量、消費量、売電量・買電量などをパソコンや携帯電話などでいつでも確認できるほか、同研究機構はデータ監理や成果分析などが可能となります。

環境ビジネス

おそらく余剰電力の買い上げ制度にも、一括管理できるシステムを考えているのだと思います。
初期コストが課題になる各家庭にむけて、今後このような自治体と提携した一括ディスカウントと
集中管理のシステムは、普及することになるでしょう。

環境ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

環境ブログへ

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1119

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。