シャープ、EV用電池を住宅用に

sharp.jpg シャープは22日、電気自動車(EV)に搭載される電池を、住宅用の蓄電池として利用できる電力制御装置を開発したと発表しました。

 シャープでは、家庭で使用する電力の省エネ化を実現する「エコハウス」に取り組んでおり、これを具現化するための技術テーマとして、太陽電池、蓄電池、直流家電の3つを挙げています。

 今回発表されたインテリジェントパワーコンディショナは、太陽電池や蓄電池を系統電力と連携させて、住宅に安定した電力を供給するためのもの。

 同社が太陽光発電システムで培った電力制御技術を活用しています。将来の直流家電の普及を見込み、直流電力の供給も可能になっているとのこと。

 このインテリジェントパワーコンディショナでは、電池部分に電気自動車のバッテリーを利用することが可能で、実証実験ではすでに、三菱の電気自動車「i-MiEV」のバッテリーから8kWの電力を供給することに成功しています。

 また、インテリジェントパワーコンディショナから電気自動車のバッテリーに給電することも可能で、i-MiEVに対して4kWhのエネルギーを約30分で充電できたということです。

(SHARP)

EVには必ず搭載されている電池を、家庭の安定的な電源に役立てるというのはおもしろいですね。いざ車で大至急で遠出でしなきゃいけない、という時に心配ガのころますが。


環境ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

環境ブログへ





トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/987

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。