ペレットストーブによるCO2削減 J-VER認証 

ペレットストーブ.jpg 長野県伊那市のNPO法人森のライフスタイル研究所が行っている、ペレットストーブによるCO2削減の取り組みが、環境省のカーボンオフセット制度に認定されました。(写真 伊那MYウェブニュース)
 ペレットストーブによる地球温暖化防止対策が認定されるのは全国で初めてです。ペレットストーブは、間伐材で作った循環型エネルギー・木質バイオマスを燃料としています。

 森のライフスタイル研究所が行っている地球温暖化防止対策は、ペレットストーブの使用により削減されたCO2を企業に買い取ってもらうことで、1トンあたり2千円から3千円がストーブの利用者に還元される仕組みとなっているそうです。

 県の統計では、現在997台のペレットストーブが利用されていて、今後、利用者や参加企業を増やすため制度のPRを行っていくとのこと。

 間伐材の有効な利用法の一つとして、ペレットとなる木質バイオマスがあります。
ストーブの利用者への還元を行うことで、取り入れやすくなり、より普及効果が高まるのではないかと思います。


環境ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/624

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。