暖冬傾向続き、降雪も少なめ 気象庁3カ月予報

 気象庁は25日、この冬(12月から2月)の3カ月予報を発表、「暖冬になりそうだが、急に寒くなることもあるので注意してほしい」としています。

 6月から続くエルニーニョ現象の影響で気温は東日本から西日本にかけて高めですが、降水量は太平洋側で多く、日本海側で少なくなる見込みだそうです。
暖冬のため降雪量はいずれも少なくなるそう。
  
 同庁によると、ペルー沖の海面水温が平年より高くなるエルニーニョの発生によって地球全体の大気の流れが変わり、日本付近に大陸性高気圧が張り出しにくくなります。
そのため冬型の気圧配置が長続きせず、気温が下がりにくいそうです。

 エルニーニョ現象の原因はまだよくわかっていないそうですが、熱帯の太平洋全体におよぶ気象の変化、さらには地球全体の気象の変化と関係しているといわれています。
エルニーニョが発生すると、雨が降りやすい状態が続き各地で集中豪雨や土砂崩れなども発生してしまうそうです。
 
 持続可能でない開発や森林伐採が進み、里山が減ってしまったため、こういった気候変動に対する影響が昔に比べ広い範囲や規模で発生してしまう怖さがありますね。


環境ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

環境ブログへ



トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/568

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。