コンビニ店舗を活用した日本初のカーシェアリングサービス

 スリーエフとミニストップは、日本カーシェアリングと提携し、10月1日よりコンビニの駐車場を利用したカーシェアリングサービスを神奈川県と東京都の5店舗で開始すると発表しました。

 従来のカーシェアリングは、利用者の自宅より遠距離にステーションがあることなどの理由によって普及が進んでいなかったため、自宅から徒歩圏内にあり、生活のインフラとして普段利用しているコンビニを活用することで、利用者の利便性を向上させる狙いがあるとのこと。
 決済は都度、コンビニ店舗レジでの現金決済で、料金は最初に入会やカード発行に5250円がかかりますが、それ以降は昼間30分800円?、夜間30分500円?のみです。
 今後はコンビニサービス拠点を拡大していくとともに、電気自動車の導入と充電スタンドの設置も検討していくんだとか。

 都内では駐車場料金だけでも1ヶ月で2?3万円以上するところが多いので、自宅から歩いてすぐのコンビニで車が借りられるようになったら便利ですね。週末に少し乗るだけの人だったら、駐車場の料金と月々の保険料、ガソリン代にかかる分だけでも、十分乗れるのではないでしょうか。小型車でいいならとても経済的なので、今後の広まりに期待したいです。

 

環境ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/487

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。