アサヒビールが、古紙から新型酵素を抽出し、バイオ燃料製造コストを10分の1へ

 アサヒビールは25日、古紙からエタノール製造に必要な麦わらなどを糖へ分解するための酵素を抽出し、10分の1のコストでバイオエタノールを製造する技術を開発したそうです。

 OA用紙や新聞紙や段ボールなど、安価な古紙から作るため、バイオエタノールの製造コストはこれまでと比べ1リットル当たり10分の1に低減できるとのこと。

 10分の1とはすごいですね。ある程度の古紙が出ることが前提となるため、主力にはならないかもしれませんが、エコな燃料の一つとしてぜひ実用化してほしいと思います。

環境ブログランキングに参加しています。よろしければクリックご協力お願いします。

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/494

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。