京都市庁舎にエコ・コンビニ、ローソンと開設

ekokonbini.jpg 京都市は8日、市庁舎内に環境重視のコンビニエンスストア「エコ・コンビニ みやこスタイル」(約18平方メートル)を23日に開店すると発表しました。

ペットボトルやビン、缶入り飲料は一切販売せず、客が持ちこんだ容器に飲料を入れるディスペンサー方式を全国で初めて採用するそうです。

レジ袋や割りばしも出さないとのこと。



 容器入り飲料の削減を訴える環境保護NPOが企画した3カ月限定の実験的出店で、ローソンとコカ・コーラウエストが協力しています。営業終了後、利用者の声や消費電力などを調べ、常設化を検討するそうです。

 店頭では6種類の飲料を250ミリリットル50円で販売するとのこと。
営業時間は、開庁時間に合わせ、午前8時15分〜午後6時だそうです。

コンビににマイボトルを持参する。新しい試みですね。
同じ飲料を買うんでも、半額で買えるのならば、きっと容器を用意するでしょうし、こうやってペットボトルの無駄を減らせていくんです。江戸時代からこうやってみんなお酒を買っていたし、温故知新、ぜひ全国に広まってほしいですね。

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/378

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。