コンビニに太陽光発電や電気自動車を導入へ

 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)は、コンビニの店舗に太陽光発電装置や電気自動車を導入する計画を発表しました。

 3年後をめどに、太陽光発電システムを約1500店舗のコンビニに導入するとのこと。そのため、2009年度にはまず直営店20?30店舗で実証実験を行うんだとか。
 電気自動車については2009年度に50?60台、3年後に約200台の導入し、充電スタンドも2009年度に10?20基設置、3年後には約100基まで拡大すそうです。

 省エネ法が改正されてコンビニチェーンが規制の対象となり、さらに昨年からコンビニに24時間営業の自粛を要請する動きが出てくるなど、コンビニへの風当たりが強くなってきたため、コンビニ各社がかなり本格的に環境対策に取り組み始めています。
 ただ、いくら一店舗あたりのエネルギー消費量を減らしたって、コンビニの数が増えればエネルギー使用量の総量は増える可能性が高いのだから、ぜひ省エネだけではなく今回のような自然エネルギーの導入や、充電スタンドの設置にもっと力を入れてほしいです。

トラックバックURL: http://green-plus.co.jp/green-plus.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/366

メルマガ購読・解除 国内外のカーボンオフセットニュース一週間ダイジェストのメールマガジン
読者購読規約を確認

バックナンバー
powered byまぐまぐ!

アーカイブ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。