クレジット活用事例紹介

J-クレジット(旧J-VER)開発による地域振興事業

団体名:大館北秋田森林組合、北秋田市、他

J-クレジット(旧J-VER)開発のきっかけ

グリーンプラスさんと初めてお会いしたのは、2008年の暮でした。当組合でも新たな収益源になるJ-VER制度の可能性については調査を進めておりましたが、申請の手続きが当組合内では困難なこと、創出したJ-VERクレジットをいかに販売するかの二点がネックとなっていました。

地域の課題

秋田県は有名な秋田スギの産地で、長らく林業は地元の山村の大きな雇用源でした。しかし木材価格が長らく低迷していることから、現在雇用の拡大は非常に困難です。

またこれは当組合管轄だけの話ではありませんが、組合員はどんどん高齢化し、また不在地主などもおり、合理的な面施業は困難です。施業して伐採した木を販売して組合員に戻るお金は微々たるものです。

一方で、甌穴のある沢、伝説の滝、天然ブナ林など手付かずの自然は、都会の方々に訪れていただければ、レクリエーションを提供出来るだけでなく、これからのライフスタイルを考えるキッカケづくりになるという、上手に活用しきれていない課題もあります。

グリーンプラスの提案

グリーンプラスさんからは、当組合と提携してJ-VERの申請作業と販売を引き受け、この山村の新たな収入源で地域振興を推進しようということでした。これについて、県・地域行政・地域のNPO法人・観光窓口・宿泊施設などと協働して、林野庁の「森林作り国民運動推進事業」の「多様な森林づくりプラン」に手を挙げて、事業の推進を図る運びとなりました。

林野庁森林づくり国民運動採択案件報告書抜粋1 林野庁森林づくり国民運動採択案件報告書抜粋2

林野庁森林づくり国民運動採択案件報告書抜粋(画像クリックで拡大します)

結果(現状報告)

林野庁の「森林作り国民運動推進事業」に採択され、県・地域行政機関・民間など多様なレイヤーが協働し、都市生活者の受け入れ体制を整えるキャパシティ・ビルディングを行いました。当組合では間伐など林業体験の受け入れを行なっています。

J-VERクレジットの販売については既に収支はプラスで、当組合ではJ-VERクレジットの販売益を組合員に還元しています。またJ-VERクレジットの販売益だけでなく、J-VERクレジットの取引をキッカケに、様々な関わり合い方をご検討いただく企業の方が地域の山村にいらしてくださって立体的に地域振興が推進されています。

組合内では加工課ならぬ観光課などと冷やかされましたが、地域にも新たな期待感が芽生えているところです。このプロジェクトに取り組んで正解だったと感じています。

お客様の声

環境対策室 渡辺俊一室長

ご担当者:環境対策室 渡辺俊一室長

当組合・地域行政・地域のNPO法人・観光窓口・宿泊施設など地元の気持ちや事情と、グリーンプラスさんからの都会の視点とでやり取りを重ね、ようやくJ-VERクレジットの創出・販売から地域振興策まで共通理解が出来ました。合意形成を経て、お互いに得意ジャンルで協働するのがこれからの仕事の仕方だと思います。

URL:http://www.kitaakita.or.jp/j-ver.html

関連

当社取扱クレジット(北秋田地域振興事業における上小阿仁村J-VERプロジェクト)

関連事業

都市と山村の連動コンサルティング

企業が社会貢献活動を行う際には、社会との共有価値が創造できるかが重要です。永らく経済的インセンティブがなかった山村との連動を図り、企業やその消費者と山村との共有価値創造をご提案します。

森林クレジット開発サポート

環境省のJ-クレジット(旧J-VER)は、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用されます。申請書や計画書の作成、環境省や検証機関とのやり取りなど、国内ナンバーワンの豊富な経験でサポートします。

お問い合わせ

地球温暖化対策のCSR活動や、環境ラベルでの差別化マーケティングにご活用下さい

このページのトップに戻る